ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読 (岩波現代文庫)

ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読 (岩波現代文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,951 より
  • 購入2
  • クリック30
  • 言及数29ブログ
  • ブックマーク5users
「ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読 (岩波現代文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読 (岩波現代文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 2月のエントリ「約束された救済――『魔法少女まどか☆マギカ』奪還論」は、本編があのような結末をむかえたこともあって、大きな反響を呼んだ。もちろん、あのエントリは予測でも願望でもなく、魔法少女の理念をただ著しただけにすぎない。しかし、内心の予想以上にあのエントリとぴったりくる結末だったのをみて、本人が一番驚いているとともに、ベンヤミンと『まどか☆マギカ』の相性... 続きを読む

    まどかの救済、あるいは背中のまがったこびとの話 - 過ぎ去ろうとしない過...hokusyu2011/04/26151 users
  • 手塚治虫の『きりひと讃歌』(小学館文庫)をブックオフで買ってきて読みました。たいへんに面白かったのですが、奥付の前ページに「読者のみなさまへ」という文章がありました。手塚プロダクションと小学館の連名によるものです。 手塚治虫氏の作品の中には、いろいろな国の人物が登場しますが、最近、その一部について、いかにも野蛮で未開人という印象を与えたり、過去の偏見にもとづ... 続きを読む

    手塚プロダクションの歴史主義とアウトソーシングされた差別 - 登校拒否へ...toled2009/09/2831 users
  • 雑記【まえがき】最近人生におけるある種の「区切り」(と表現するにはあまりにささやかなものですが)がありました。そういった「区切り」をきっかけにして自分自身を振り返ってみるというのは、なかなかに面白いことに感じられます。「自分のために」、何か、役に立つことのように思えるのです。自分で自分を振り返るのは、面白くはないかもしれないけれど、いつかは役に立つこと、また... 続きを読む

    『本で語る自分 − 10代の私に影響を与えた本100』 - 稀な晴れ-読書と...kamiharu2011/06/295 users

「ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読 (岩波現代文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す