文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 397 より
  • 購入30
  • クリック355
  • 言及数233ブログ
  • ブックマーク17users
「文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

超話題騒然,抱腹絶倒の大学学問小説!

「文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 考察ほとんどの書評が文芸批評としては最低レベルの「印象批評」です。だからといって、文学のなんたるかを分かってないから、と言うつもりはありません。問題はその印象批評のテクニックです。 印象批評とは印象批評は要するにその人自身にとって面白いか面白くないかを感性で語るというものです。感性を同じくする同士なら、「ああわかるわかる〜」と納得できるのですが、合わない人に... 続きを読む

    小説のレビューがつまらない本当の理由 - 誰が得するんだよこの書評daen0_02010/02/2557 users
  • id:Erlkonigさんがこのようなこと仰っておりました。(前略)それとは別に、私自身が批評という行為"いわゆる批評"畑というかジャンルというか文化圏、*1に 偏執的な不信感を抱いているというのもあります。ある立場に立って作品を分析したり、その理論に基づいて新たな作品を作ったりするのはいいです。でも、そこから発展して他の作品を批判しはじめたりするとわけが分からなくなります。... 続きを読む

    tukinohaの絶対ブログ領域 - 批評をするなら読んでおくべき本・ブログtukinoha2007/02/0320 users
  • 『ビアンカ・オーバースタディ』を文学部の唯野教授が批評的文脈で論じて、それが読者の批判的な読みを見事に封殺・殺害しているような短編小説を心から待望しているggincこと高橋志臣です、どうもこんにちは。「可愛い女の子に手コキしてもらいたい」という、男子のささやかな欲望を「秘すれば花」どころかまんまポルノにしてしまった巨匠・筒井康隆氏が、一体これからどんな凄いものを... 続きを読む

    筑波批評社への檄文――あるいは〈批評〉をめぐる私個人の立場の整理 - G&G...gginc2008/08/2019 users

「文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)」が好きな人は、こんな商品も購入しています