日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか? (朝日新書)

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか? (朝日新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 56 より
「日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 「全然」のあとは打消しの「ない」(や「駄目だ」「違う」などの表現)で必ず結ばなければならない、というのが一種の「迷信」「都市伝説」であったことは、今では、それなりに知られるようになってきた(これはもちろん、かつて「全然」は、打消しの「ない」とは共起しなかった、ということを意味するものではない)。 飯間浩明『三省堂国語辞典のひみつ』(三省堂2014)で飯間氏は、「ことばの「濡れ衣」と言えば、「全然」 続きを読む

    「全然〜ない」の神話 - 黌門客higonosuke2015/06/175 users

「日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

「日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?...」を含む人気エントリー