ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)

ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 24 より
  • 購入14
  • クリック57
  • 言及数78ブログ
  • ブックマーク14users
「ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

誰かを嫌いになること、誰かから嫌われることは、つらく、不快で、いけないことだと考えがちである。著者はそんな「常識」に疑問を投げかけ、日常的に人を嫌いになるということは、好きになることと同様にごく自然であり、「嫌い」としっかりと向き合うことが人生を豊かにしてくれると説く。 著者は、東大人文科学大...

「ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • レヅネタ「不真面目な元化学屋の戯言(現在法曹へ向けて学習中) - セクシュアリティ」と、そこから派生した「腐男子じゃないけど、ゲイじゃない - それでもやっぱり寛容を求めたい(コメント欄)」での議論に関して、最後の言及です。今回は、「異性愛者が性的少数者を嫌う自由(または、嫌う権利)をどう考えるか」という点について。「生理的にホモを嫌いだと言う権利まで奪うのか」「腐... 続きを読む

    ひとを嫌うことはごく自然、ひとから嫌われることもごく自然 - 「嫌う自由...miyakichi2008/11/2949 users
  • 雑記(ちなみに1はこちら。→「許すこと」なんてくそくらえ - 「鏡の法則」について)最近読んだ本の中に、「鏡の法則」について考えるヒントになりそうなくだりがあったので、メモ。善人とは「嫌い」に向き合わない人と言えます。この人種には大きく分類して二通りある。一つは、自分はいつも善意の被害者であり、相手がいつも加害者であるという人。自分の加害性にまったく盲目なのです... 続きを読む

    みやきち日記 「嫌い」に向き合わないA子が嫌い - 「鏡の法則」について(2...miyakichi2006/07/0630 users
  • 映画裕福な家庭に生まれながら、突然の両親の死によってひとりぼっちになってしまった真知寿(まちず)少年(吉岡澪皇)。それ以来、彼はずっと描いてきた“画家になる”という夢だけを人生の指針として生きることにした。やがて、そんな真知寿(柳憂怜)の前に、一人の理解者が現れる。絵に対する彼の純粋さに心惹かれた幸子(麻生久美子)。2人は結ばれ、画家の夢は夫婦の夢となる。だ... 続きを読む

    アキレスと亀 - 子持ちししゃもといっしょitotto2008/12/265 users