ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入30
  • クリック1,716
  • 言及数200ブログ
  • ブックマーク3users
「ペンギン・ハイウェイ」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎の研究を始めるが―。冒 ...

「ペンギン・ハイウェイ」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 森見登美彦氏の書いた『夜は短し歩けよ乙女』という小説の中に、「古本市の神様」らしい少年が登場する。彼は「すべての本はつながっている」と述べる。 登美彦氏の書いた本で、世界のどの本にもつながっていない本というものは存在しない。 『ペンギン・ハイウェイ』という本も、いろいろな本につながっている。 この本が生まれるのを助けてくれた本たちの一部を、以下に紹介する。 こ... 続きを読む

    2010-06-16 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/06/1712 users
  • 八月某日の深更。 森見登美彦氏は仕事に飽きて、麦酒をごくごく飲みながら、机のまわりを見回していた。そうすると、登美彦氏は我が子たちがずいぶん増えていることにあらためて気づいた。 登美彦氏はたいてい無茶な育て方をするから、どの子もたいてい「やんちゃ」に育つ。 そのやんちゃぶりは、時に登美彦氏を反省させる。 「いくらなんでも無茶だったな」と思うこともある。 登美彦氏... 続きを読む

    2010-08-26 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/08/276 users
  • 五月の登美彦氏はそれはもう多忙であった。 おそらくこれまでで一番多忙な五月であった。 登美彦氏は角川書店の人たちと奈良を探検したり、大江麻理子さんと対談したり、インタビューに答えたりして、「野性時代」の特集の準備をした。登美彦氏と角川書店の人の努力の成果は、6月11日発売の「野性時代」80号に掲載される。 「野性時代」41号の特集以来、2回目の特集である。 登... 続きを読む

    登美彦氏、多忙に立ち回る - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/05/286 users

「ペンギン・ハイウェイ」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す