新装 ぼくを探しに

新装 ぼくを探しに
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 397 より
  • 購入17
  • クリック195
  • 言及数130ブログ
  • ブックマーク10users
「新装 ぼくを探しに」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「新装 ぼくを探しに」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • Apemanさんがご自身のブログの中で、「この国は被害者が叩かれやすいのではないか」ということを述べておられる。no title日本が「殺人事件が少ない代わりに自殺が多い社会」であるのは、被害者が自罰に走ってしまう傾向があるからではないか、と何度かここで書いた記憶があります。それはなぜかと考えると、一つには「犠牲者非難」が起きやすい社会だからじゃないか、と思うんですね。「... 続きを読む

    『鋼の錬金術師』のエルリック兄弟はなぜ身体を失っているのかを考えるため...mushimori2006/12/0210 users
  • でも、自分が読んだやつだけなのかもしれないけど、あの揃いも揃ってラフに毛の生えたような挿絵はあれでいいの?なんかpixivとかのが上手い絵いっぱい見る。まああそこの上手い人の中はプロの漫画家だったりエロゲンガーだったりするんだろうけどラノベの挿絵ってなんであんなに手抜きなの?確かに当たり外れはあるけどね。絵のあまり分かってない私でも分かる「明らかに下手な絵師」が... 続きを読む

    ラノベの挿絵は不思議なもんでなあ・・・ - いつも感想中hobo_king2009/01/054 users
  • 【毎週更新】月替わり翻訳者エッセイ 第2回 倉橋由美子と翻訳の文体 本に携わっている方は多かれ少なかれ文学的出会いというものを経験していると思います。わたしの場合、最大の「文学的出会い」は、高校二年生のときに倉橋由美子という作家を知ったことでした。 六歳上の従姉に勧められて『暗い旅』『夢の浮橋』『聖少女』を立て続けに読み、毒をあおったような激しい衝撃を受けまし... 続きを読む

    言葉のまわりで(執筆者・古屋美登里) - 翻訳ミステリー大賞シンジケートhonyakumystery2012/02/133 users

「新装 ぼくを探しに」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す