<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス

<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 53 より
  • 購入17
  • クリック125
  • 言及数165ブログ
  • ブックマーク13users
「<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読書今年も残りわずかですね。たしかブログを始めたのが今年の1月。読書や思索に目覚めたのも今年の1月。そして、今年の目標は「自分で考える。読書。日記。」だった気がする。そう考えると、ある程度目標は達成できた気がする。まぁそんなわけで今年読んだ本の中で個人的に印象に残っている本ランキングを書いてみようと思う。ベスト10ぐらいでいいかな。 では第10位数・式の計算... 続きを読む

    08年度良書ランキング - ぐだぐだ日記−今年もあと少し−mushitoriseinen2008/12/0687 users
  • みなさんは、ソクラテスの「無知の知」についてご存知でしょうか。「知らないということを知っている」というアレです。え? 知ってるに決まってる? それは失礼いたしました。今日は、「無知の知」について考えます。 ソクラテスはかつて、こんなことを言った。世の識者たちは、自分がだいじなことを知らないということに気づいていない。つまり、わかっていないということを忘れてしま... 続きを読む

    吹風日記 - 無知の知を知れ、アピトーユ・ド・ホルス・リクッビ、隗より始...MrJohnny2006/07/0610 users
  • 読書・文献案内, 社会学 哲学と社会学の邦語入門書の中で、読んでみて勉強になったもの、あるいはまだ呼んでないけど面白そうなものを選んでみました。入門書を書くのは、非常に難しいです。その研究分野のある特定の面に焦点を当て、そこを分かりやすく書かねばなりませんから。主題の選択も書き方も、論文とはかなり異なりますから、質の高い入門書を書ける人は本当にすごいなと思いま... 続きを読む

     哲学と社会学の入門書いろいろ - 社会学徒の研究(?)日誌 ”La sociol...naokimed2010/05/224 users