自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)

自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 195 より
  • 購入18
  • クリック330
  • 言及数91ブログ
  • ブックマーク25users
「自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 考察2010年11月23日の駒場祭での森村進教授の講演の書き起こしです。非常に面白いですよ、これは。東京大学法律相談所主催で行われた家族法改正講演会「これからの「家族」の話をしよう」では、夫婦別姓・同性婚などについて、大村敦志先生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)、棚村政行先生(早稲田大学大学院法務研究科教授)、千葉景子先生(元法務大臣)、森村進先生(一橋大学大... 続きを読む

    森村進教授の講演会 〈 こらからの「家族」の話をしよう 〉 がすごい件 par...daen0_02011/06/2778 users
  • 政治, 思想 最近、NHKで放送されているマイケル・サンデル氏の講義と、それに並行した宮台真司氏の「解説」によって、リバタリアニズムへの関心が一部で高まっているように見えます(見えるだけかもしれません)。 「【追補しました】リベラリズム・コミュニタリアニズム・リバタリアニズムについてのtwitterまとめです」@MIYADAI.com Blog「米国におけるリベラリズムとリバタリアニズム... 続きを読む

    リバタリアニズムとは何か - on the groundkihamu2010/06/0733 users
  • ■[event] 東京法哲学研究会例会・森村進氏の報告を傍聴 明治大学で行われた東京法哲学研究会の1月例会でリバタニアニズムを研究されている森村進氏の報告が聞けるとのことで一般参加してまいりました。タイトルは「リバタリアンな分配的正義」。今回の報告では平等主義をとる人々が暗黙に前提としていることをリバタリアンの観点から反論を試みられたとのこと。僕もそれを聞いてみたく... 続きを読む

    Kawakita on the Web:東京法哲学研究会例会・森村進氏の報告を傍聴kwkt2006/01/1532 users

「自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社...」が好きな人は、こんな商品も購入しています