「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 19 より
  • 購入3
  • クリック57
  • 言及数121ブログ
  • ブックマーク11users
「「美少女」の現代史 (講談社現代新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「「美少女」の現代史 (講談社現代新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 徒然庵日記 - 百合色の夢http://d.hatena.ne.jp/chunyan/20050707/1120755365純粋なココロ: 『男性版やおい』が、今まさに誕生しつつあるのかも知れないhttp://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/log/2005/07/post_cbf5.htmlこの“「傷付ける性」としての男性”の理論的バックボーンに関しては、chun 続きを読む

    ARTIFACT@ハテナ系 - 「傷付ける性」としての男性、そして少女化kanose2005/07/1563 users
  • 古書店に発注していた『新現実 vol.2』(ISBN:4047213926,2003年3月)が届いた。さっそく,ササキバラ・ゴウ『傷つける性 団塊の世代からおたく世代へ――ギャルゲー的セクシャリティの起源』を読む。 ササキバラ論考の要旨1. ギャルゲーと〈わたしのリアリティ〉 ギャルゲーとはどんなメディアか ノベル系ギャルゲーは,〈ゲーム〉としてではなく,〈ハイパー・ノベル〉として理解した... 続きを読む

    博物士 - 傷つける性 :: ギャルゲー的セクシャリティgenesis2005/07/2924 users
  • 今さらですが上記の本を読みました。『「美少女」の現代史 (講談社現代新書)』***「美少女の発見」→クラリスを抱きしめないルパンの選択→根拠(価値・目的)を失う男性→「傷つける性」の自覚→「視線としての私」(男性身体の不在・自己の透明化)という流れは納得しながら読む。しかし、純粋に視線そのものとしてあることの暴力性の自覚、というところまでは説明してあっても、「... 続きを読む

    少女漫画的日常 - 〈美少女〉の現代史/感じない男nogamin2007/02/0323 users

「「美少女」の現代史 (講談社現代新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています