文系のための数学教室 (講談社現代新書)

文系のための数学教室 (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入83
  • クリック1,584
  • 言及数49ブログ
  • ブックマーク15users
「文系のための数学教室 (講談社現代新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「文系のための数学教室 (講談社現代新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 23:04 遅ればせながら映画『容疑者ケインズ』、もとい、映画『容疑者xの献身』を観てきた。 なぜ観に行ったか、というと、ぼくがCDまで買ってしまいそうな勢いの柴咲コウのファンだからでは決してなく、福山演じるガリレオ先生の講義のように教室を女子大生でいっぱいにするにはどうしたらいいかを学びたいから、ってえのでも全くない。実は、小学生の息子が、「どうしても観たい」、とい... 続きを読む

    数学の道が閉ざされるとき - hiroyukikojimaの日記hiroyukikojima2008/12/03298 users
  • 17:04 刊行からだいぶたってしまったが、吉永良正さんの『アキレスとカメ』講談社というたいへん楽しい本を紹介しよう。 吉永さんは、ぼくが東京出版の受験雑誌『大学への数学』や『高校への数学』に連載し出した頃、同じように連載を持った人だが、サイエンスライターとしては大先輩であり、すばらしい本をたくさん書き、また翻訳もしている。現在は、大東文化大学の先生をされているの... 続きを読む

    0.999・・・は1と等しいか - hiroyukikojimaの日記hiroyukikojima2009/03/28276 users
  • 15:19 一般の人が、数学を本を読んで理解しようとするとき、二つの障壁を乗り越えねばならない。一つは、語られている概念が抽象的であること、そしてもう一つは、それを語っている「言葉」が数式というこれまた「読みにくい言語」だ、ということだ。書き手が後者を突破する道は二者択一である。第一の道は、数式を使わず、極力日常の言語で表現すること。第二の道は、あえて「数式言語の... 続きを読む

    数学は言葉 - hiroyukikojimaの日記hiroyukikojima2009/11/21248 users