生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入56
  • クリック1,487
  • 言及数1110ブログ
  • ブックマーク150users
「生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

生きているとはどういうことか―謎を解くカギはジグソーパズルにある!?分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色をガラリと変える。

「生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読売新聞日曜日の書評欄にある「ビジネス5分道場」という欄の連載を1年間担当し、月に1冊、全部で12冊の本を選んで評した。ビジネス書ばかりを選んだわけではなかったので、すべてビジネスという視点から書かなければならないという制約が、ちょっとしたチャレンジだった。読売新聞社の許可を得て、その書評をすべてまとめてここで公開します。最終回から順にさかのぼる形で、並べてみる... 続きを読む

    読売新聞書評欄連載で選び評した12冊の本 - My Life Between Silicon Valle...umedamochio2008/03/29284 users
  • すっかり本屋に行かなくなった。いや、正確に言うと本屋には良く立ち寄る。けれども、「よし、今日は本屋に行くぞ」と思う機会が以前に比べてずっと減った。そう気づいたのは、しばらく会社を休んで一週間が経過した頃だった。 ある日突然、頭が割れるように痛くて、眠れなくなった。あまりにも痛いので頭痛薬を飲んだけど、ぜんぜん効かない。すぐに医者に行って診てもらったが、脳に異... 続きを読む

    本屋さんに行きたくて - Keep Crazy;shi3zの日記shi3z2011/10/3149 users
  • ベストセラーの■生物と無生物のあいだ(福岡伸一 著)を読んでみた。前半は著者の留学体験を通して生物学の発展をわかりやすく解説し、後半は「生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである」という生命観を論じている。著者の福岡は、ウイルスを生物とは定義しない。生命を定義づける条件として、自己複製だけは不十分であり、動的平衡こそが本質であるという... 続きを読む

    50年前の「生物と無生物の間」 - NATROMの日記NATROM2008/01/2237 users