1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック23
  • 言及数78ブログ
  • ブックマーク0users
「1973年のピンボール (講談社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「1973年のピンボール (講談社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • *ムンホイXP、中断していた制作を再開するにあたって僕の思いを吐露 - さすけの波乱万丈な日常 上記エントリを読んでから、フリーゲーム(フリーソフトのゲーム作品)という文化について、思いを巡らせた。 ”Moon Whistle” 子どもの視点から夢を喪失した社会を映す現代RPG [RPGツクール95製、フリーウェア] 「Moon Whistle」(ムーンホイッスル)は、RPGツクール95で作 続きを読む

    フリーソフトRPGをふりかえる(前) - esu-kei_textesu-kei2009/07/19175 users
  • [文学], [本], [批評] 先日ちょっと眠れなくて、『1973年のピンボール』(ASIN:4061831003)を枕元に持ち込んだ。そうしたら飛ばし飛ばしだが最後まで行ってしまった。いやはや。驚いたことがもう一つ。これがきわめてしっくり面白い小説だったこと。これまで以上に明白に実感。そしてさらに強く思った。こんなヘンな語り口や展開を知らん顔して押し通すことで本当に小説に仕上がっ... 続きを読む

    東京猫の散歩と昼寝 - 村上春樹いろいろtokyocat2006/10/047 users
  • 何年ぶりかに読み返したけど、うーん、やっぱりこれもいい小説!俺は村上春樹は初期の作品がすきだなー。いろんな意味でイタい感じも含めて。「風の歌を聴け」に続く、「僕」と「鼠」の物語なんだけど、前作と比べるとずいぶん感傷的だし、乾いた感じよりは陰鬱さの方が濃くなっている。とはいえ、そんな無防備さこそが、この作品の大きな魅力だ。鼠にとってのときの流れは、まるでどこか... 続きを読む

    「1973年のピンボール」/村上春樹 - Keep the Cosmic Trigger Happy!!hayamonogurai2008/05/096 users