愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)

愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入1
  • クリック31
  • 言及数76ブログ
  • ブックマーク10users
「愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 批評:Literacy and Education principle(物語の読み方), 批評:少年マンガ, ★★★★星4, battle royaleものの果ては?, 森恒二評価:★★★★4つ←まだ連載が終了していないので、見込みですがね。(僕的主観:★★★★4つ)■「生きていること」そのものが目的になること〜動物としての人間まで戻らないと「生きる」実感が消失していること新刊が出てたので買って 続きを読む

    『自殺島』 森恒二著 バトルロワイヤルの果てには、新たな秩序が待ってい...Gaius_Petronius2011/06/028 users
  • 「半島を出よ」http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20050424/p2を読んだら、久しぶりに無性に村上龍が読みたくなった。僕の書架には、村上龍と村上春樹のすべての作品が、単行本と文庫の両方でほぼ揃っている。平凡な選択かもしれないが、この二人の作家は同時代的には圧倒的だと思う。出た本を全部並べてみるとよくわかるが、量が中途半端ではない。しかも二人ともどんどん変化して 続きを読む

    My Life Between Silicon Valley and Japan - 極私的村上龍ベストテンumedamochio2005/05/066 users
  • 文芸, ☆☆☆☆☆ 2009年に自分が読みこのブログで紹介した本の中から、今年のベスト本を決めたので紹介します。これにより僕自身の趣味ってものが見えてくると思うので、これからこのブログをあなたが読み続けるかどうかの指針にもなりかねないというギャンブル性を含んだエントリー。 てな感じで、僕だけハラハラドキドキしながら書いてるわけですが…(正直、そこまで騒ぐほどのライン... 続きを読む

    今年読んだベスト本 2009 - 本読みのスキャット! Be Bop a Bodda Bopkajika_eps2010/01/124 users