万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 567 より
  • 購入5
  • クリック97
  • 言及数107ブログ
  • ブックマーク5users
「万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫) [文庫] [Apr 04, 1988] 大江 健三郎; 加藤 典洋

「万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 日本の戦後社会の大文字のストーリーは民主主義、文化国家のスローガンに始まり、それは高度成長期へとシフトしていった。しかしそのかたわらにあったのは敗戦と占領、それらに起因するアメリカ人たちとの混住、そして彼らによってもたらされた、世界に例を見ない急速な消費社会への移行だった。これは繰り返し書いていることだが、一九九〇年代に経済学者の佐貫利雄の『成長する都市衰退... 続きを読む

    混住社会論6 大江健三郎『万延元年のフットボール』(講談社、一九六七年...OdaMitsuo2013/01/2113 users
  • (河出文庫)拙著『〈郊外〉の誕生と死』において詳述したように、一九八〇年代は郊外消費社会が隆盛を迎えつつあった。それは七〇年代にファミリーレストランを先駆けとし、駐車場を備えた郊外型商業店舗、所謂郊外店を増殖させたロードサイドビジネスの急成長によっている。都市の郊外と主要幹線道路沿いに出現したロードサイドビジネスの林立する風景は、次第に全国至るところの郊外に... 続きを読む

    混住社会論100 中上健次『日輪の翼』(新潮社、一九八四三年) - 出版・...OdaMitsuo2015/03/275 users
  • レビュー, 小説ご無沙汰です。今回は読書メーターで登録した2012年に読んだ本ベスト20を紹介します。http://book.akahoshitakuya.com/u/74933/cat/256978外部リンク【ルール】・読書メーターで登録しているのが専ら小説なので悪しからず・ただランキングを羅列するだけでは味気ないので、1冊ごとに少しばかりコメントを付ける・出版社名をそのまま表記しているものは単 続きを読む

    2012年おすすめランキング・読書編 - 武陵桃源kamikami35942013/01/014 users

「万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています