権力の日本人 双調平家物語 I (双調平家物語ノート (1))

権力の日本人 双調平家物語 I (双調平家物語ノート (1))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 900 より
  • 購入0
  • クリック13
  • 言及数22ブログ
  • ブックマーク3users
「権力の日本人 双調平家物語 I (双調平家物語ノート (1...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

初版です。表紙に微よれ、中身の最後のページに小よごれある状態です。

「権力の日本人 双調平家物語 I (双調平家物語ノート (1...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 橋本治が1998年から書き続けてきた『双調平家物語』が15巻目asin:4124901402でようやく完結する。いま、富士川の戦いが終わって、福原から都が京都に戻されて、清盛が死ぬまでを読んだところ。これから義仲の京都攻め、一ノ谷、屋島、壇ノ浦と「源平合戦」のクライマックスが続くのだが、誰しも不思議に思うのは、最終巻でやっと「源平合戦」が始まる、というスローペースのもつ意味であ... 続きを読む

    『双調平家物語』完結 - 【海難記】 Wrecked on the Seasolar2007/10/2810 users
  • 新潮選書 2012年6月 臨床の場で、ときに以下のような症例に遭遇することがある。ある人に病気が見つかった。すでに進行していて、このまま放置すれば1年の余命も厳しい。根治出来る可能性があるとすれば非常に副作用の強い治療を選ぶしかないが、その成功率は5%くらいである。それをしてうまくいかないとかえって命を縮めることになり、その場合の余命は1月か2月となる。どの... 続きを読む

    森山優「日本はなぜ開戦に踏み切ったか」(1) - 日々平安録jmiyaza2012/07/163 users
  • ■[読書備忘録]橋本治「権力の日本人 双調平家物語ノート?」 講談社2006年3月28日初版 内藤湖南の「日本文化史研究」(講談社学術文庫 1976年)の中の「応仁の乱について」(大正10年の講演記録)に以下のような有名な部分がある。 大体今日の日本を知るために日本の歴史を研究する必要は殆どありませぬ。応仁の乱以後の歴史を知っておったらそれでたくさんです。それ以前の... 続きを読む

    日々平安録 - 橋本治「権力の日本人 双調平家物語ノート?」jmiyaza2006/06/173 users