ミノタウロス

ミノタウロス
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入4
  • クリック110
  • 言及数132ブログ
  • ブックマーク14users
「ミノタウロス」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

二十世紀初頭、ロシア。人にも獣にもなりきれないミノタウロスの子らが、凍える時代を疾走する。―文学のルネッサンスを告げる著者渾身の大河小説。

「ミノタウロス」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 以下のサイトから、ぼくの読みたいと思った本を、推薦者数〜50音順でに挙げていくよ。→2007年の○冊 - chirashino☆ura あと、サイトに挙げられててもこちらで言及していない人、すみません。すでに読んだ本と、多分今後の人生において、とても読めそうにないような本は外しました。だからビジネス書とかベストセラーとか漫画はあまり入ってこないと思う*1。あと個人名は著者名も含めて... 続きを読む

    2008年のはじめに読みたい本(私家版) - 愛・蔵太のすこししらべて書く日...lovelovedog2008/01/0113 users
  • 8月9日(木)に池袋のジュンク堂で、佐藤亜紀さんと「『ミノタウロス』を語る」という題で対談トークイベントを行います。ジュンク堂のサイトで告知が始まっているので、すでに予約ができるはず。http://www.junkudo.co.jp/newevent/talk-ikebukuro.htmlデビュー作以来のファンだが、佐藤さんとお目にかかるのは、じつはこれがはじめて。「小説」についての考え方などでは 続きを読む

    【海難記】 Wrecked on the Sea - ■佐藤亜紀さんとのトークイベントatジュ...solar2007/07/194 users
  • 幼い頃、母はよく美術展につれて行ってくれた。西洋絵画の大家、ドラクロワ、パウル・クレー、ピカソ、セザンヌ、ルオー辺りはかすかに記憶に残っている。そのなかで特に印象深かったのがピカソのヴォラールコレクションの版画のシリーズである。ことにゲルニカのモチーフともなった「ミノタウロス」を巡る画は強烈な印象を与えた。少女に手を引かれる盲た怪物。女を襲う怪物。傷つく怪物... 続きを読む

    あんとに庵◆備忘録 - 『ミノタウロス』佐藤亜紀antonian2007/06/033 users

「ミノタウロス」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す