町村合併から生まれた日本近代 明治の経験 (講談社選書メチエ)

町村合併から生まれた日本近代 明治の経験 (講談社選書メチエ)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,097 より
「町村合併から生まれた日本近代 明治の経験 (講談社選...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「町村合併から生まれた日本近代 明治の経験 (講談社選...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 2010年から毎年年末にこのネタを書いてきてますが、2013年版今年の○冊を。2010年にこれを始めたのは、当時なぜか現代日本政治関係の博士論文が続々と出版されていて、それを紹介しようと思ったからです。最近減ったかな、と思ったのですが、やはり今年については現代政治関係の博論はちょっと少なめだったみたいです。どちらかというと最近は、そういう博論(それ以外の分野でも)を出版... 続きを読む

    今年の○冊(2013年) - sunaharayの日記sunaharay2013/12/236 users
  • ちょっと前に松沢裕作先生の『町村合併が生まれた日本近代』を読んだ。以下これに関連して考えたことをつらつらと備忘のため。本書については、実のところはじめは明治の大合併においてどのような町村合併が行われてきたのかを分析するものだと思ったんだけど、メインテーマはそこではない。町村合併を可能にした条件として、町村合併の前段に人々が生きるために「村」に帰属し、「村」の... 続きを読む

    境界を設定すること - sunaharayの日記sunaharay2013/11/284 users
  • チラ見。途中からちゃんと読めばよかったと思ったけど時間なし。その割りに引用は長め。町村合併から生まれた日本近代 明治の経験 (講談社選書メチエ)作者: 松沢裕作出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見るサラ金とはちがう「村融通制」個別の百姓が個別の事情で年貢納入不能に陥った場合は、その百姓は村内の富裕... 続きを読む

    町村合併から生まれた日本近代 - 本と奇妙な煙kingfish2014/01/123 users