国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入15
  • クリック230
  • 言及数288ブログ
  • ブックマーク5users
「国境の南、太陽の西 (講談社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「国境の南、太陽の西 (講談社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 評価:★★★★★星5 (僕的主観:★★★★★5つ)マスターピース みんなが面白いというので、これはリアルタイムで行かなきゃ、と使命感をみなぎらせてNYから到着したその日に無理やりLDさんと見に行った。やっぱりリアルタイムで見るのがこういうのは醍醐味だよね!と、疲労困憊の体に鞭を撃ちつつ。←いつか、死ぬんじゃないかと、思う、、、おれ。とはいえ、友人が、Z会のCM「... 続きを読む

    『君の名は。(英題Your name.)』 (2016年 日本) 新海誠監督  美し...Gaius_Petronius2016/09/1331 users
  • マルコ青年⇒明日また生きるぞ - 死ぬ間際の遠藤周作の心をガチで読んだよ まあ、そうかもしれない。 ただ、もっとテレーズと罪の問題だったかと私は思う。実際には脳に病理がなかったかとも思うけどよく知らない。 「わたしが・棄てた・女」については。 ⇒極東ブログ: 遠藤周作「沈黙」の自筆草稿発見に想う 名前だけリンク付きで言及した。 あまり語りたくない。 が、率直に言うと、こ... 続きを読む

    finalventの日記 - 死ぬ間際の遠藤周作の心finalvent2007/02/037 users
  • 書評国境の南、太陽の西 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 1995/10メディア: 文庫読んでいて胸がつぶれる。ひどく切ない気分になる。この本が新刊で出た頃読んだらただのオッサンの性的欲求不満の赤裸々な告白としか読めなかっただろう。少なくともグロテスクにしか感じなかったと思う。今はその切なさが胸を刺す。それだけ僕も年を取った。何もしなくても時間... 続きを読む

    2008-02-05 - reponの日記repon2008/02/055 users
注目商品
  1. atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • 吉川 浩満, 稲葉 振一郎, 木島 泰三, 粥川 準二, ベンジャミン クリッツアー, 山本貴光, 飯島 和樹, 片岡 雅知, 柴田 英里, 井上 智洋, 平野 徳恵, 諫早 庸一, 國分 功一郎, 朴 沙羅, 栗原 康
    • 3ブログ
    • ¥ 1,512
  2. Stochastic Integration with Jumps (Encyclopedia of Mathematics and its Applications)
  3. Noncommutative Geometry