三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック91
  • 言及数238ブログ
  • ブックマーク11users
「三月は深き紅の淵を (講談社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探 ...

「三月は深き紅の淵を (講談社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • はてなブックマーク - 「三月は深き紅の淵を (講談社文庫)」を含むブックマーク (11) 2008年02月19日lysine 2008年01月23日egg1977 2007年05月27日Kasabuta 2007年05月25日sinden 2007年05月18日vivace 蔵書 2006年11月06日s_genjou 2006年10月18日kennshinn 恩田 陸 2006年08月27日r 続きを読む

    はてなダイアリー - 三月は深き紅の淵をasin2005/10/213 users
  • ★★★★星4 客観:★★★★星4つ主観::★★★★星4つ ある本にまつわる幻想的な4つのショートストーリーから構成される短編集。 先に物語ありき。 語られるべき、語らずにはいられない物語自体がまずあって、作者の存在など感じさせないようなフィクション。 物語は読者のために存在するのでも、作者のために存在するのでもない。 物語は物語自身のために存在する。 この言葉は、す... 続きを読む

    『三月は深き紅の淵を』 恩田陸著 - 物語三昧〜できればより深く物語を楽...Gaius_Petronius2009/01/183 users
  • おんだりく1964年(昭和39年)、宮城県生れ。水戸第一高校卒、早稲田大学卒。1992年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。ファンには“ノスタルジーの魔術師”の異名で親しまれている。2005年(平成17年)、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞受賞。同年... 続きを読む

    はてなダイアリー - 恩田陸とはkeyword2005/06/263 users

「三月は深き紅の淵を (講談社文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています