滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)

滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 82 より
  • 購入0
  • クリック353
  • 言及数55ブログ
  • ブックマーク4users
「滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ヤマギシ会 *1 の村で育った著者の半生。 題名ほどのセンセーショナルさはなく、ヤマギシ会が営んでいた共同体での出来事を描きながら、周りとの齟齬や抱いた違和感を綴っている。 著者・高田かやが育ったのは、平成になってからの話であるが、今はこのときからかなり緩和されている。だから、そのまま「ヤマギシ会の現状」とすることは正しくない。その前提で読んでほしい。 子どもは親... 続きを読む

    高田かや『カルト村で生まれました。』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2016/07/048 users
  • 原武史「滝山コミューン一九七四」(講談社文庫)が面白かった。原は1962年東京都生まれの日本政治思想史学者。日本住宅公団が東久留米市に建てた巨大団地である滝山団地に両親とともに引越し、団地のなかにできた第七小学校へ入学する。そして滝山コミューンとは著者が小学校5年生と6年生のとき、つまり1973年と1974年の第七小学校(七小)のことを指している。 当時七小に一人熱心な... 続きを読む

    原武史「滝山コミューン1974」を読む - mmpoloの日記mmpolo2011/07/173 users

「滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています