いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 255 より
  • 購入37
  • クリック550
  • 言及数71ブログ
  • ブックマーク15users
「いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

[状態] 外側:カバーに細かい傷や汚れなどがある場合があります。 中身:折り目の跡や汚れなどがある場合があります。 [発想方法] 茶色い封筒(牛皮)A4サイズに包み発送させていただきます。 [発送]購入された翌日に発送いたします。 [注意] なお、日曜日に注文頂いた商品に関しましては火曜日に発送とさせていただいてますの...

「いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 警察が平和的なタイプのデモに対して暴力をふるうようになった。どう考えても、デモをしているひとたちは、非合法活動を指向する「反社会的集団」ではなく「素人」だ。 日本はついに政治的自由に関して中東諸国や中国やミャンマーと同レベルに転落してしまった。この情報を世界に広める必要がある。世界のメディア・ジャーナリストにすぐに情報提供を。国連の人権機関にも、アムネスティ... 続きを読む

    日本はここまで壊れてしまったかと驚いた。 - 内藤朝雄HP −いじめと現代...izime2011/09/12275 users
  • ライフハック 他人と対立を回避することを最優先する「やさしいトモダチ」が若年層を中心に広がっています。しかし、このやさしい関係を維持することをは、実は彼ら、彼女らにとって決して生やさしいものではありません。見かけ上の「やさしいトモダチ」を維持することが絶対視されれば、その息苦しさに窒息してしまう原因にもなることも多いのです。 対立の回避を最優先にすることは言論... 続きを読む

    やさしいトモダチはいらない - keitaro-newskeitaro22722010/03/1678 users
  • http://d.hatena.ne.jp/Baatarism/20100522/1274544444こちらのブックマークでid:crowserpentさんにご質問いただいたので素人なりに少々。山岸俊男さんの本は今手元にないのでうろおぼえですみませんが、アメリカ人のオープンネスの根拠となってる実験ってどこかの大学の学生を対象にやっておられませんでしたっけ。実験そのものはとても面白いと思うのですが、 続きを読む

    内集団だらけのアメリカ、寡占状態の日本 - 赤の女王とお茶をsivad2010/06/2338 users

「いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新...」が好きな人は、こんな商品も購入しています