私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 52 より
  • 購入19
  • クリック299
  • 言及数84ブログ
  • ブックマーク6users
「私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

小説と格闘する中で生まれたまったく新しい人間観!嫌いな自分を肯定するには?自分らしさはどう生まれるのか?他者と自分の距離の取り方―。恋愛・職場・家族.. ...

「私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • コミュニケーション, ネット平野啓一郎氏が『ドーン』で提唱した「分人主義」についてメモ。簡単にいえば、人間関係で規定されるペルソナ。ドーン (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/05/15メディア: 文庫クリック: 4回この商品を含むブログ (6件) を見る平野啓一郎氏自身による解説。『クローズアップ現代』再放送 - 平野啓一郎公式ブログ「個人」の中に... 続きを読む

    平野啓一郎氏の「分人主義」についてのメモ - ARTIFACT@ハテナ系kanose2012/10/0157 users
  • 何気なく手にとったが、ここ数年ずっと考えているテーマ(アイデンティティの複数性と社会的な政策との関係)に近似したものが読めて、とても参考になった。 個人から分人へ という著者のテーマは、僕流に解釈すると、アイデンティティの単数性からアイデンティティの複数性へ、ということだと思う。 著者の面白い点は、この分人主義をさまざまな側面から、平易で明瞭な事例を重ねて記述... 続きを読む

    平野啓一郎『私とは何か』tanakahidetomi2012/09/2531 users

「私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新...」が好きな人は、こんな商品も購入しています