ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)

ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 92 より
「ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • あちこちで話題の新書『ウルトラマンが泣いている』を読んだのだが、暴露本というよりも「嗚呼、やっぱり」感が濃厚に漂う本だった。ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書) 円谷 英明 著者の円谷英明は初代社長 円谷英二の孫であり、二代目社長 円谷一の息子にあたる。シャイダーを演じた円谷浩の兄にあたる。本書では前書きと目次の後、円谷一族三代の家計図がわ... 続きを読む

    ウルトラマンじゃなくておれが泣く:『ウルトラマンが泣いている』 - 冒険...macgyer2013/06/24148 users
  • SF, 経済, TV | という本が出た、とtwitterでみました。チェックすると・・・ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)作者: 円谷英明出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/06/18メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る 1960年代から80年代にかけて、多くの子どもたちが夢中になったウルトラシリーズ。ミニチュアや着ぐるみを駆使して、あたか 続きを読む

    創業一族、失敗を振り返る?「ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗...gryphon2013/06/214 users
  • 著者の父・円谷一(英二の長男)急死後、三代目社長となった皐(英二の次男)がいかに会社を私物化し駄目な経営をしたかが書かれている。問題の根源はフジにいた皐があたためていた企画が流れ、TBSでウルトラシリーズとなってヒットしたことで、皐はフジに居辛くなった。つまり皐にとって、自分が絡んでいない「初期のウルトラシリーズ」やTBSに複雑な感情があった。ウルトラマンが泣いて... 続きを読む

    ウルトラマンが泣いている - 本と奇妙な煙kingfish2013/09/133 users

「ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社...」が好きな人は、こんな商品も購入しています