甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
「甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 自薦記事, 漫画新年恒例、去年の総括です。まずは去年一番ぐっときた作品。ヤマシタトモコ先生の『ひばりの朝』。ひばりの朝 2 (Feelコミックス)作者: ヤマシタトモコ出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2013/07/08メディア: コミックこの商品を含むブログ (18件) を見る1巻の発売は去年でしたが、完結巻である2巻が今年の7月に出ました。ぐるぐるととぐろを巻いたまま深みへ沈んでいくよう... 続きを読む

    2013年の総括の話 - ポンコツ山田.comyamada10-072014/01/029 users
  • 雨隠ギド先生と百合について1巻のオビを「甘々と稲妻」を連載中の雨隠ギド先生に書いていただきました。恥ずかしいほどのお褒めのお言葉と、清隆\u002b産む男3人のオリジナルイラストまで寄せてくださってます。すごく本の中身が面白そうに見えるオビで驚きました。短編集の萩尾望都先生に続いて、オビ運はもう〜めっちゃくちゃツイております。直接お礼もさしあげず失礼しておりますが... 続きを読む

    『白馬のお嫁さん』発売前後のあれやこれや - 庄司創のブログhajime_shoji2014/11/248 users
  • 漫画, 雨隠ギド, レビュー高校教師・犬塚公平は半年前に妻を亡くしたばかりで、保育園児の娘・つむぎと二人暮らし。仕事と家事に追われる毎日で、ついつい食事は出来合いのものばかり。けれどある日、できたての料理が映ったテレビにかじりつくつむぎを見て、これではいけないと思い立つ。せめて今日くらいはと、ふとしたきっかけで知った小料理屋へ駆け込んだら、そこにいたのは教え子の... 続きを読む

    できたての料理に幼女は満面の笑みを浮かべる 『甘々と稲妻』の話 - ポン...yamada10-072013/09/133 users

「甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)」が好きな人は、こんな商品も購入しています