自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 20 より
  • 購入28
  • クリック1,154
  • 言及数135ブログ
  • ブックマーク24users
「自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

自由とは何だろうか。それは、単に義務がない状態のことではない。何でもしてよいと放り出された状況のことでもない。自分の思いどおりになること―これが「自由」なのだ。 ...

「自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ライフハック 「自由」というのは維持するのは難しいものです。「自由は大切だ」と誰もが口にするのですが、何か問題が起きるとすぐに「野放しはよくない」とか「規制をかけるべきだ」と言い始めます。そもそも「自由は大切だ」といわれるのは「自由を保障しなければ、何もすることが出来ない」といった当然の理由からです。しかし、よくよく考えてみますと自由を阻害することなど実際に... 続きを読む

    ルールは従うメリットがあるからこそ従わなければならない - keitaro-news ...keitaro22722010/04/2914 users
  • 書評 | 12:26小説家という職業 (集英社新書)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/06/17メディア: 新書クリック: 24回この商品を含むブログ (14件) を見る自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/11/17メディア: 新書購入: 22人 クリック: 999回この商品を含むブログ (100件 続きを読む

    『小説家という職業』 - 成毛眞ブログfounder2010/06/229 users
  • ★森博嗣は私が世界でいちばん好きな小説家ですが、そんな森さんが「自由というものは何か」「自由になるためにはどうすればいいのか」を書いた本を出されました。 「自由」ということについて、多くの人は(自分も含め)わかったつもりになっている。これを読み始めたとき、ぞくっとして、そのあとは息苦しくなったり、泣けてきたりした。それは自分の苦しかったことの多くが「不自由」... 続きを読む

    『自由をつくる 自在に生きる』森博嗣 - 雨宮まみの「弟よ!」mamiamamiya2009/12/018 users