荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入18
  • クリック431
  • 言及数115ブログ
  • ブックマーク9users
「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。本書では、自身の創作との関係も交 ...

「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 名著『ゾンビ映画大事典』の続編に当たる『別冊映画秘宝ゾンビ映画大マガジン』を読みました。 ゾンビ映画大事典 (映画秘宝COLLECTION)作者: 伊東美和出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2003/03メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 30回この商品を含むブログ (22件) を見る別冊映画秘宝 ゾンビ映画大マガジン (洋泉社MOOK)作者: 山崎圭司,高橋ヨシキ,中原昌也,町山智浩, 続きを読む

    ゾンビ・サーガもう1つの元ネタ(かもしれない) - リチャード・マシスン『...doy2011/07/267 users
  • 考察概要 ホラージャンルのコンテンツにおいて、「恐怖」とは、いったいどのようなものか? イメージしやすいよう、「ホラーの怖さ」を「カレーの辛さ」にたとえて説明しよう。 考察ホラー=カレー論 一般的に、カレーは辛い。激甘カレーというのは、かなり特殊なカレーだ。それよりは激辛カレーのほうが需要があるだろうが、万人向けではない。しかし、カレーが辛いものだからといって、... 続きを読む

    ホラーをカレーにたとえると - 萌え理論Blogsirouto22011/06/063 users

「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています