性のタブーのない日本 (集英社新書)

性のタブーのない日本 (集英社新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 191 より
「性のタブーのない日本 (集英社新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈 ...

「性のタブーのない日本 (集英社新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 性のタブーのない日本 (集英社新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/11/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る [求愛する男と顔を見せない高貴な女の間をとりもつ女房は]顔こそは見せはしないけれど、人にたやすく「気配」は感じられてしまう存在で、だから男からは軽く見られ、そのことに対して、宮仕えする女房だった清少納言は怒っています (略)... 続きを読む

    橋本治 性のタブーのない日本 BL源氏物語 - 本と奇妙な煙kingfish2016/01/076 users
  • 前回の続き。 性のタブーのない日本 (集英社新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/11/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 院政の時代は男色の時代 性的主導権の獲得は、人事権の獲得とも重なってしまうのです。院政時代の男色は、そのようにして存在します。(略) 藤原頼長は院政時代の男色のあり方を代表する人物の一人です。彼は何人もの男――... 続きを読む

    橋本治 性のタブー・その2 男色の院政 - 本と奇妙な煙kingfish2016/01/093 users