宵山万華鏡 (集英社文庫)

宵山万華鏡 (集英社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入20
  • クリック390
  • 言及数48ブログ
  • ブックマーク1users
「宵山万華鏡 (集英社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「宵山万華鏡 (集英社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • このところ、森見登美彦氏は奮闘している。 仕事をしている。 とはいえ、締切次郎とは睨み合っていない。 およそ一年前に召還された締切太郎によって、 登美彦氏の息の根を止めかけていた締切次郎たちは駆逐された。 あのつぶらの瞳をした小太りのオッサンたちを懐かしく思うか、と問われれば、 「懐かしい」というのが登美彦氏の本音であるようだ。 しかし締切太郎を召還するという禁断の秘技は、 一生に一度使えばじ 続きを読む

    2012-06-26 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2012/06/273 users

「宵山万華鏡 (集英社文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています