生物としての静物 (集英社文庫)

生物としての静物 (集英社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 269 より
  • 購入0
  • クリック6
  • 言及数10ブログ
  • ブックマーク0users
「生物としての静物 (集英社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「生物としての静物 (集英社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 雑記銭が取れるプロの文章と、ネット上のコピペとでは、同じ内容でもこんなにも表現力が違うという好例2種。例1:「耳にバナナ」ジョーク2種まずは伊丹十三『ヨーロッパ退屈日記』(文春文庫)バージョンをどうぞ。ある紳士がエクセターに行く汽車に乗った時のことだ。コンパートメントに入って席に着こうとした時、彼は向かい側の男の顔に目をやって、そこに異様なものを発見した。その男は、ポーラー・ハット(山高帽)に黒い 続きを読む

    コピペは所詮コピペ - みやきち日記miyakichi2011/04/0315 users

「生物としての静物 (集英社文庫)」を含む人気エントリー