ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 181 より
  • 購入26
  • クリック257
  • 言及数147ブログ
  • ブックマーク20users
「ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • もともと関心があったのと、ちょっとしたキッカケがあったので観てきましたよ。映画『玄牝〈げんぴん〉』。映画「玄牝(げんぴん)」 オフィシャルサイト 本作は国際的にも評価が高い河瀬直美監督の最新作。愛知県に実在する自然分娩原理主義カルトの吉村医院に河瀬監督自らがカメラをもって潜入。その狂気をフィルムに写した、ドキュメンタリー・ホラー映画です。 (参考・吉村医院につ... 続きを読む

    カルトの狂気を描いたホラー映画『玄牝〈げんぴん〉』 - 俺の邪悪なメモtsumiyama2010/11/09163 users
  • 同人誌という言葉は、普通は「同じ趣味や志をもった人(同好の士)の集団」=「同人」が作る雑誌だから略して「同人誌」なのでしょうが。書く人も編集する人も出版する人も(時には買い取る人まで)同じ人だから同人誌二次創作、すなわち商業作品で既に存在するキャラクターを使用する(同じ人物を使う)から同人誌とも考えられますな。 自分は少年時代に藤子不二雄A先生の「まんが道」と... 続きを読む

    UGS 日記のこもれ火 - ドラえもん同人誌SHIKAIKILYOU2007/03/0990 users
  • SF, 漫画 | 外国人のアーチストとかが、日本公演のときはちゃんと勉強して「ニポンのミナサン、コニチワー」とか「ゲンキデスカー!」とかやるでしょ。それと同じように、ほとんど格闘技のことを書かないのに格闘技ブログと言い張る(あ、俺も同じか)id:caitsethの孺子(こぞう)と同じレベルにまで降りて、下々の言葉でコミュニケーションを図ったらhttp://d.hatena.ne.jp/caitse 続きを読む

    ほぼウィキペディアと、はてな・togetterを読んだだけで論じる「魔法少女ま...gryphon2011/05/1727 users

「ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異...」が好きな人は、こんな商品も購入しています