藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)

藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 50 より
  • 購入11
  • クリック42
  • 言及数30ブログ
  • ブックマーク3users
「藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 同人誌という言葉は、普通は「同じ趣味や志をもった人(同好の士)の集団」=「同人」が作る雑誌だから略して「同人誌」なのでしょうが。書く人も編集する人も出版する人も(時には買い取る人まで)同じ人だから同人誌二次創作、すなわち商業作品で既に存在するキャラクターを使用する(同じ人物を使う)から同人誌とも考えられますな。 自分は少年時代に藤子不二雄A先生の「まんが道」と... 続きを読む

    UGS 日記のこもれ火 - ドラえもん同人誌SHIKAIKILYOU2007/03/0990 users
  • ゲーム, IT, SF, 漫画 | ちょっと古い話題ですが、やはり米長邦雄vsボンクラーズの勝負は将棋がちっとも分からないレベルながら、興味をもってみていました。試合展開に関しては、何も分からない。この前も書いたが、つくづくコンピュータ将棋のブログ解説の第一人者http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/氏の休業中が惜しまれる。一夜の復帰を待つ。まあ解説などを聞く限りは、序盤は 続きを読む

    本家の親分がタマを殺られた!今「将棋死闘編」が始まる… - 見えない道場...gryphon2012/01/2110 users
  • 藤子・F・不二雄には俗に「SF短篇」と呼ばれる作品群があります。いくつかの雑誌に読み切りとして描かれた物で、基本的には大人の読者に向けて描かれ作品です。(いくつかは子供、少年向けに描かれた作品もある)なので、『ドラえもん』や『パーマン』などに代表される子供向けの作品とはまた違ったF先生の面白さが堪能できます。F先生は以前これらの作品群を『SF風現代アラビアンナイト... 続きを読む

    語りか音か映りモノ 2.0 - 書店員のための『藤子・F・不二雄 SF短篇』講...miruz2007/09/229 users

「藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文...」が好きな人は、こんな商品も購入しています