東京奇譚集 (新潮文庫)

東京奇譚集 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入6
  • クリック84
  • 言及数315ブログ
  • ブックマーク9users
「東京奇譚集 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却...。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアノ調律師の心に兆し ...

「東京奇譚集 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • せっかくの機会なので、僕の独断と偏見で「オススメの村上春樹作品ガイド」を書いてみます。「そんなに言うんだったら、いままで読んだこと無かったけど、一冊くらい手にとってみるのもやぶさかではない」と考えておられる方に届きますように。蛇足ですが、僕と村上作品について、簡単に触れておきます。僕は1970年代の初めに生まれたのですが、初めて村上春樹作品を読んだのは、『ノルウ... 続きを読む

    はじめて村上春樹を読む人のためのブックガイド - 琥珀色の戯言fujipon2009/02/014 users
  • 村上春樹の短編「どこであれそれが見つかりそうな場所で」(「東京奇譚集」所収)は失踪した夫の捜索を依頼された探偵の物語だ。探偵とはいっても報酬を受け取らない個人的ボランティアだが。 夫はある日妻と住むマンションの26階の部屋から夫の母親の住む24階の部屋に行き、しばらくしてこれから戻るからと電話を入れたまま行方不明となる。結局20日後に仙台駅の待合室のベンチで寝てい... 続きを読む

    村上春樹の小説を長谷川龍生が体験していた - mmpoloの日記mmpolo2008/01/173 users