細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (上) (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入3
  • クリック26
  • 言及数107ブログ
  • ブックマーク1users
「細雪 (上) (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「細雪 (上) (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 承前*1小田実が谷崎潤一郎の『細雪』の主人公たちは「生まれてきたときから現在までの間に、根本的な変革はな」く、「過去というものは、現在の延長としてみており、未来は現在を拡大した形で見ている」と述べていたことをメモした(「革命を語る」、p.19)。これって、この数十年後に宮台真司が言った「終わりなき日常」*2と同じなのかなと思った。それにつられてか、積んであった宮台真... 続きを読む

    「終わりなき日常」だった - Living, Loving, Thinkingsumita-m2012/03/187 users
  • その他 『細雪』を読んでいる。この本、いかにも古典名作の文庫らしく、本文に無数の注釈が付されているのだが、必要性がわからないものも少なくない。一三一 *イクラ 〔 икра (露)〕 鮭、鱒などの成熟卵を塩水に漬けた食品。特に一粒ずつ卵巣から分離したものを言う。 イクラくらい注釈がなくてもわかるだろう(もともとロシア語とは知らなかったけれど)。それとも、初版が出た... 続きを読む

    『細雪』の注釈。 - Something Orangekaien2009/01/035 users
  • 年明けから三月くらいまでに読んでいたもの。四月には上げるつもりだったのに、いつのまにやら五月入ってしまった。細雪 (上) (新潮文庫)作者: 谷崎潤一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1955/11/01メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 26回この商品を含むブログ (102件) を見る年始は谷崎の『細雪』を読んでいた。十年くらい買ったまま塩漬けになっていたけれど、石川博品『四人制姉妹百 続きを読む

    2015年冬に読んでいた本 - Close to the WallCloseToTheWall2015/05/124 users

「細雪 (上) (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す