彼岸過迄 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック39
  • 言及数52ブログ
  • ブックマーク1users
「彼岸過迄 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「彼岸過迄 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 映画 | 12:41 | 第三次世界大戦でどのような兵器が使われるのか、私は知らない。だが第四次世界大戦は石と棍棒によって戦われるだろう。 とは、アインシュタインが第3時世界大戦ではどのような兵器が使われるかと尋ねられて答えたものと言われている。冷戦終了後核戦争という危機は去ったに見えても人類は今もどこかで戦争を続けている。アメリカ合衆国にとっては一番犠牲者を出した戦争... 続きを読む

    ゾンビ、ブラピも彼岸まで ワールド・ウォーZ - 小覇王の徒然はてな別館susahadeth526232013/08/198 users
  • 【テーマ・エッセイ】なんでもベスト5【毎週更新】(承前) 一世を風靡したラドクリフ夫人の作品も、現在ではそのテンポが悠長に過ぎるし、二百年前の読者をとりこにしたサスペンスも、残念ながら少々色あせてしまっている。ゴシック小説で、現代のミステリ・ファンにお勧めしたいのは次の二作。(1)ウィリアム・ゴドウィン『ケイレブ・ウィリアムズ』(1794)(岡照雄訳、国書刊行会・... 続きを読む

    古典はつねに新しい。ミステリの歴史を遡るベスト5 その2(執筆者・藤原...honyakumystery2009/10/204 users
  • 以前、大塚英志『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(2006年)を読んだとき、ラフカディオ・ハーン、柳田國男、折口信夫という3人の「起源の民俗学者」たちが、いずれも「来歴否認」や「血統幻想」、言い換えれば「ファミリーロマンス的不安」を抱えていたことを軸に、大塚氏が「民俗学の起源」の問題に迫ろうとしていることに強い印象を受けたことがあった。 大塚氏が他... 続きを読む

    大塚英志『偽史としての民俗学』 - heuristic waysmatsuiism2012/08/224 users

「彼岸過迄 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す