人生論ノート (新潮文庫)

人生論ノート (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入5
  • クリック44
  • 言及数44ブログ
  • ブックマーク3users
「人生論ノート (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「人生論ノート (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 人は誰でも、幸せ探す、旅人のようなもの疑いなく確かなことは、過去のすべての時代においてつねに幸福が倫理の中心問題であったということである。ギリシアの古典的な倫理学がそうであったし、ストアの厳粛主義の如きも幸福のために説欲を説いたのであり、キリスト教においても、アウグスティヌスやパスカルなどは、人間はどこまでも幸福を求めるという事実を根本として彼らの宗教論や倫... 続きを読む

    幸福について - 備忘録の集積keiseiryoku2011/06/075 users
  • ▼p39 虚栄は人間の存在そのものである。人間は虚栄によって生きている。虚栄はあらゆる人間的なもののうち最も人間的なものである。 三木清『人生論ノート』 五つめの章――虚栄について 人生論ノート (新潮文庫)posted with amazlet at 12.07.01三木 清 新潮社 売り上げランキング: 30408 Amazon.co.jp で詳細を見る さて、いよいよ「虚栄について」であり 続きを読む

    『人生論ノート』――虚栄について - 備忘録の集積keiseiryoku2012/07/174 users
  • 近頃私は死というものをそんなに恐ろしく思わなくなった。年齢のせいであろう。以前はあんなに死の恐怖について考え、また書いた私ではあるが。 哲学者である三木清の『人生論ノート』は私の愛読書だった。ここのところ繙いた記憶はないが、すでに二桁に達する数を周回している。手垢の目立たないことが不思議であるくらい読み込み、書き込み、マーカーで線を引いている。その痕跡に自身... 続きを読む

    死について - 備忘録の集積keiseiryoku2010/05/103 users

「人生論ノート (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています