河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入3
  • クリック34
  • 言及数84ブログ
  • ブックマーク3users
「河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ……僕はそこを歩いているうちにふと松林を思い出した。のみならず僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?――と云うのは絶えずまわっている半透明の歯車だった。僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。歯車は次第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、が、それも長いことではない、暫(しば)らくの後には消え失せる代りに今度は頭痛を感じはじめる、―... 続きを読む

    芥川龍之介 『歯車』 - 蟹亭奇譚kanimaster2009/12/274 users
  • 昨日、はてな界隈で流行っている私家版・世界十大小説をやりましたけど、考えてる最中に、どうしても「十大小説」とかいうと長編、特に大長編を選んでしまうなってことで、短編もちょっと考えてみました。 ・ チェーホフ「かわいい女」かわいい女・犬を連れた奥さん (新潮文庫) チェーホフ 小笠原 豊樹 新潮社 1970-11 by G-Tools ・ ボルヘス「バベルの図書館」伝奇集 (岩波文庫) J.L. 続きを読む

    私家版・世界十大小説 短編編 - 西東京日記 IN はてなmorningrain2007/10/234 users
  • 『玄鶴山房』 は昭和2年に発表された短編小説。 一代にして財を築いた堀越玄鶴老人とその妻、一人娘と婿夫婦、幼い孫の武夫、住み込みの女中と看護婦。肺結核のため玄鶴が離れに一人寝ているその家へ、元女中で玄鶴の妾であるお芳が幼子を連れてやってくる。 お芳が泊りこむようになってから、一家の空気は目に見えて険悪になるばかりだった。…… 芥川龍之介 『玄鶴山房』 四 これだけ... 続きを読む

    芥川龍之介 『玄鶴山房』 - 蟹亭奇譚kanimaster2009/12/233 users

「河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています