俘虜記 (新潮文庫)

俘虜記 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック19
  • 言及数41ブログ
  • ブックマーク4users
「俘虜記 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「俘虜記 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 書評 俘虜記 (新潮文庫)作者: 大岡昇平出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1967/08/14メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 19回この商品を含むブログ (38件) を見る 収容所内での日本兵捕虜は、盗みと賭博とオカマ演芸に夢中だった。文学者だからこそ表現できた、捕虜収容所内の堕落のリアリズム。 フィリピンの日本兵捕虜収容所は鉄条網に囲まれていた。その目的は二つあったと著者は 続きを読む

     日本兵はいかに堕落したか? ― 大岡昇平『俘虜記』(評価・S) -  esu...esu-kei2014/05/189 users
  • 先週日経新聞の夕刊を読んでいて、松本清張の生誕100周年を記念して北九州市で記念行事が開かれることが記事になっていたが、同じく2009年に生誕100周年を迎える作家として大岡昇平、太宰治、埴谷雄高、中島敦の名前が挙げられていて、大岡昇平と埴谷雄高はともに第一次戦後派だから分からなくもないが、松本清張と太宰が同い年なんてなんだか不思議な感じである。さて、松本清張生誕100... 続きを読む

    生誕百年の作家達〜大岡昇平、太宰治、埴谷雄高、松本清張、中島敦 - YAMDA...yomoyomo2009/01/139 users

「俘虜記 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています