李陵・山月記 (新潮文庫)

李陵・山月記 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入6
  • クリック44
  • 言及数145ブログ
  • ブックマーク7users
「李陵・山月記 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

中島敦は、幼時よりの漢学の教養と広範な読書から得た独自な近代的憂愁を加味して、知識人の宿命、孤独を唱えた作家で、三十四歳で歿した。彼の不幸な作家生活は太平洋戦争 ...

「李陵・山月記 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 本, 藤原正彦, 安野光雅 世にも美しい日本語入門 (ちくまプリマー新書)作者: 安野光雅, 藤原正彦出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2006/01メディア: 新書 ベストセラー『国家の品格』の著者藤原正彦が、画家安野光雅との対談を収めた一冊。 それなりにおもしろい。おもしろいのだが、どうも首をかしげる記述が多すぎる。日本語贔屓が過ぎて、贔屓の引き倒しになってしまっている気がする... 続きを読む

    清少納言は「と抜き言葉」に怒っていた。 - Something Orangekaien2008/01/09155 users
  • 小説, 漫画, ゲーム, オススメ!, 超オススメ! 「Something Orange」管理人こと、ぼく、id:kaienが、その30年弱の人生で感動した作品100(−1)作を、順番に並べ上げてみました。 基本的には小説と漫画から選んでいますが、なぜかノベルゲームが混じっていたりします。ま、ほとんど小説みたいなものだからいいだろ(ほんとは違うけど)。 短編、長編、大長編、SF、ミステリ、フ... 続きを読む

    Something Orange - オススメ小説&漫画作品(+α)100作。kaien2007/09/2871 users
  • 書籍, 学び・教えそういえばあの学生たち、就職活動が始まってなおミュージシャンになりたいとかライトノベリストになりたいとか言ってハードルから逃げ回りひきこもる学生たち、どこかにいそうなキャラクターだったなと思って、やっと思い出した。中島敦の作中にあるのだ。「山月記」に出てくる、虎になった李徴。 李陵・山月記 (新潮文庫)作者: 中島敦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1... 続きを読む

    福耳コラム - 「山月記」を連想すfuku332007/01/2410 users

「李陵・山月記 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す