死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入8
  • クリック227
  • 言及数109ブログ
  • ブックマーク6users
「死者の奢り・飼育 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「死者の奢り・飼育 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 死者の奢り・飼育 (新潮文庫)作者: 大江健三郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1959/09メディア: 文庫大江健三郎の最初期の作品に「死者の奢り」という短編がある。主人公である東大仏文科の学生「僕」が、大学構内で死体洗いのアルバイトを体験する。短編は、そのアルバイト中の会話や出来事を淡々と描き出したものとなっている。作中で「僕」は屍体処理室の教官から、死体を見ていると... 続きを読む

    Turning in the Widening Gyre - 「希望」と「自由」の抽象化についてryoto2007/04/0810 users
  • ……僕は昨日の午後、アルコール水槽に保存されている、解剖用死体を処理する仕事のアルバイターを募集している掲示を見るとすぐ、医学部の事務室へ出かけて行った。 大江健三郎 『死者の奢り』 『死者の奢り』 は昭和32年に発表された短編小説であり、大江健三郎のデビュー作である。《大学病院で死体を処理するアルバイトを募集している》 という都市伝説めいた噂話が存在するが、おそ... 続きを読む

    大江健三郎 『死者の奢り』 - 蟹亭奇譚kanimaster2009/12/114 users
  • 戦争末期、山奥の村に 「敵の飛行機」 が墜落する。飛行機は森の中で炎上したが、落下傘で脱出した一人の黒人兵が捕えられ、村人は彼を地下倉で 「飼う」 ことになる。言葉の通じない黒人兵に対し、最初村人たちは怯えていたが、子供たちを中心に少しずつコミュニケーションが出来るようになり、ある程度の行動の自由も許されるようになる。だが、捕虜を県に引き渡すことが決まると、黒人... 続きを読む

    大江健三郎 『飼育』 - 蟹亭奇譚kanimaster2009/12/173 users

「死者の奢り・飼育 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています