殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2 より
  • 購入7
  • クリック110
  • 言及数35ブログ
  • ブックマーク5users
「殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読書, 将棋 読書ネタで将棋ネタ。今日は普段将棋を指したり観たりしない人でも楽しめる将棋の本を何冊か紹介。 1 はまなかあき『ライバル おれたちの真剣勝負』ツイッターでも紹介した児童文学作品。角川学芸児童文学賞受賞作。カドカワ学芸児童名作 ライバル おれたちの真剣勝負作者: はまなかあき,K‐SuKe出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2010/07/21メディア: 単行本クリッ... 続きを読む

    将棋が分からなくても楽しめる将棋の本4冊+α - 俺の邪悪なメモtsumiyama2010/07/2946 users
  • 映画, 勝手に評論, 読書 先週末、ブログを通じて知り合った、とみさわ昭仁(id:pontenna)さん、doy(id:doy)さんと、俺という、オヤジ三人衆で映画『隣の家の少女』を観たあと鶯谷で昼間から飲むという、大変楽しいイベント(?)に参加してまいりました。三人とも「邪悪」「人喰い」「MASSACRE(虐殺)」という物騒なブログを書いてるくせに、実際に会ってみると(俺も含めて)全く危険な... 続きを読む

    『隣の家の少女』映画版と原作の違いについて - 俺の邪悪なメモtsumiyama2010/03/2226 users
  • 僕は今までに二回、自殺をくわだてたことがある。人に知られれば強く非難されるのをまぬがれない、異常性欲を持っているからだ。一度目はうら寂しい墓地に行き、二度目は田んぼに行き、酔い止め薬を多量に飲んで死のうとした。意識を失ったものの、通りがかりの人に救急車を呼ばれてしまい、二度とも失敗してしまった。僕が生きていても本当にろくなことにならないと、自分でも思う。大学... 続きを読む

    白い靴下への欲情 - チラシの裏zoe12009/05/124 users