国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入35
  • クリック235
  • 言及数204ブログ
  • ブックマーク17users
「国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 検察が極めて恣意的に“逮捕したい人を逮捕する”ことに、多くの人が気づき始めています。新聞やテレビなどのマスコミは“検察の広報部隊”と化しているので、この点についてネットメディアの意義は非常に大きいと言えます。 今日は“検察が逮捕したがる人の類型”をまとめておきます。 類型1:内部告発者、裏切り者一時は自分達の仲間だったのに、内部告発しようなどという“ええ格好し... 続きを読む

    “検察が逮捕したい人”一覧 - Chikirinの日記Chikirin2010/01/18979 users
  • この前の話。 わたしの親しい知人に、この春高校に合格した息子さんがいた 実際の入学した学校を含め、合格したところは有数の進学校で、めちゃくちゃに優秀であることは間違いない。 そして優秀の形にもいろいろあるが、中学時代から学校の勉強以外にもさまざまに興味があり、たとえば 「戦国時代」「城」「近代史」「第二次世界大戦」「独裁政治」「同和問題」「民俗学」などに興味があ... 続きを読む

    凄く頭のいい新高校生に、お勧め本を紹介できて面白くてしょうがなかった(...gryphon2016/04/15271 users
  • 政治, 思想 去年のある時期から、現状認識についてまとまったことを書かなければならないという思いに駆られていて、それは主に社会学的な意味でということなんだが、社会学的な現状認識となると非常に総合的な判断として家族やら経済やら司法やら、色々な分野に目を配らなければならないので、正直いつになるのか分からないと思いながら断片的に本を読んだりメモを取ったりしてきた。そ... 続きを読む

    現代国家とポピュリズム - on the groundkihamu2008/01/2328 users

「国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫...」が好きな人は、こんな商品も購入しています