虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入11
  • クリック60
  • 言及数81ブログ
  • ブックマーク4users
「虫眼とアニ眼 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「虫眼」の人、 解剖学者養老孟司と「アニ眼」の人、アニメーション作家宮崎駿との3度にわたる対談集。 「虫眼」とは、虫の身体の見逃してしまうくらい微小な特徴を目ざとく見つけ、それに感動できるセンスを持っている人のことである。宮崎は、その「虫眼」こそ、養老の自由な発想の源だと指摘する。2人は、『ものの...

「虫眼とアニ眼 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 養老猛司と宮崎駿の対談集である「虫眼とアニ眼」を読んだ。この本には22ページに渡って、「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題して、宮崎駿の理想とする町をイラストで乗せている。これがとても興味深かったので紹介してみようと思う。まず、これを見て思ったのは、ジェイコブズの都市論をそっくりだということだ。そして以下がジェイコブスの四原則と言われるものだ。 1. 混用地域の必要性 地域が住宅地やオフィス街 続きを読む

    宮崎駿の都市論 - show.blogshowxx2009/10/1210 users

「虫眼とアニ眼 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています