ぼくは猟師になった (新潮文庫)

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 124 より
  • 購入0
  • クリック7
  • 言及数17ブログ
  • ブックマーク3users
「ぼくは猟師になった (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

木についた傷や足跡からシカやイノシシの気配を探る。網をしかけ、カモやスズメをとる。手製のワナをつくる。かかった獲物にとどめをさし、自らさばき、余 すところなく食べ尽くす――。33歳ワナ猟師の日常は、生命への驚きと生きることの発見に満ちている。猟の仕方、獲物のさばき方から、日々自然と向き合う 中で考えたこ...

「ぼくは猟師になった (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 新年早々、こんな動画を公開した。 現在の日本で、誰でも無免許・無許可で野鳥や野生動物を狩ることが許されている――と言ったら、まさかと思うかもしれない。案の定、動画の冒頭では「違法行為です!」という自信満々なコメントが相次いだ。遵法精神が横溢しているのなら結構なことだが、肝心の法律をよく知りもせずに人を非難する態度を見る限り、「他人が勝手なことをしているのが気... 続きを読む

    スリングショット猟の意義と法律解釈 - 野尻blognojiri_h2013/01/23378 users
  • 食, 科学, 歴史, 読書, 漫画 | タイトル落ち…と言いたいところだが、まあちょっと雑談にお付き合いいただきたい。この前、「馬はいつから人間の家畜になったのか」論争(「興亡の世界史」2巻) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150608/p4という文章を書かせていただいたじゃないですか。そして、それはタイトルにあるように、スキタイなどの古代遊牧民族の起源に迫る 続きを読む

    日本で「猟師になる」人は多いのに「遊牧民になる」人はいないね(当たり前...gryphon2015/06/196 users

「ぼくは猟師になった (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています