「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件 (新潮文庫)

「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入0
  • クリック5
  • 言及数14ブログ
  • ブックマーク3users
「「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件 (新潮文...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「朝日新聞阪神支局襲撃事件」は、真犯人がわからないまま時効が成立した。1987年5月3日、支局(西宮市)の2階編集室にいた小尻知博、犬飼兵衛の両記者が、音もなく入ってきた目出し帽の男に散弾銃で撃たれ、小尻記者は死亡、犬飼記者は全治3か月の重傷を負った事件である。3日後、「赤報隊」を名乗る組織が犯行声明を出し...

「「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件 (新潮文...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • でもって、現在一生懸命「オタクと戦争」というテーマで書いているのだけど、書きながら、ちょっと気になり、でも特に仮説も思い浮かばなかった思いつきがあったので先に書いておく。オウム真理教によるサリン事件が起きるまで、日本はテロのない平和な国、とされていた。しかし、1974年には東アジア反日武装戦線による企業連続爆破事件という無差別テロがあり、三菱重工ビル爆破事では死... 続きを読む

    ARTIFACT@ハテナ系 - 現代日本のテロの記憶kanose2005/10/2339 users
  • テロリズムとは、平たく言えば思想的意図による殺人のことです。 要人暗殺、建造物爆破、交通機関攻撃などその手口は多岐にわたり、世界中の人々に恐怖と衝撃を与え続けています。 とくに、五年前にニューヨークで発生した911テロは世界情勢を一変させ、世界は現在もその影響から脱しておりません。 「テロとの戦い」は今も続いています。 わが国でもテロは古くから発生しており、忠臣蔵... 続きを読む

    男の魂に火をつけろ! - 日本テロリスト列伝・右翼篇washburn19752006/12/014 users

「「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件 (新潮文...」が好きな人は、こんな商品も購入しています