白痴 (上巻) (新潮文庫)

白痴 (上巻) (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入5
  • クリック83
  • 言及数86ブログ
  • ブックマーク4users
「白痴 (上巻) (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「白痴 (上巻) (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 1月14日日曜日に開催された講演会に(珍しく)行って来ました。私にとって高橋さんは一連の日本文士パロの人、望月さんは『ドストエフスキーの詩学』の訳者さんという認識で、こりゃあ行かない訳にはいかんだろう、ということでお邪魔しました。教室には80名ほどの聴衆。 ■高橋源一郎パート 「日本の現代小説は世界一」しょっぱなから、この講演が早稲田大学文学研究会の中でプレゼンを... 続きを読む

    無言の日記−五月の庭 高橋源一郎×望月哲男『テクストと読者 ―〈読み〉...lepantoh2007/01/1638 users
  • 読書 | 数時間後には第百四十回の芥川賞が発表される。候補作じたいは「女の庭」一作しか読んでないから受賞作予想なんてするべくもないのだが女性候補のいずれかが受賞してくれればいいなと願ってはいる。とりわけツムラキクコやヤマザキナオコーラに比べて読者を獲得するのが若干ムズカシそうな鹿島田真希にはショーノヨリコにつづく二人目の三冠王となって今以上に安定した地位を築い... 続きを読む

    鹿島田真希をもっと愉しむためのブックガイド(前篇) - i am runaway and ...dozeoff2009/01/158 users
  • 世界近代小説五十選、文学入門、桑原武夫著、(1963年改版)、濫読日記風、その16 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 で紹介した読書リストから、最初に 罪と罰 1 (光文社古典新訳文庫) を読んでみた。 ドストエフスキーは名前は聞いたことはあるけど、まるっきり読んだことはない。それどころかロシア文学(?!)を読んだことは全くない。ということで、なんでもよかったのだけど、有名ど... 続きを読む

    ドストエフスキーをいろいろと読んだ、濫読日記風、その17 - 未来のいつか/...hyoshiok2017/11/204 users

「白痴 (上巻) (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す