予告された殺人の記録 (新潮文庫)

予告された殺人の記録 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入11
  • クリック95
  • 言及数221ブログ
  • ブックマーク9users
「予告された殺人の記録 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「予告された殺人の記録 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 雑談, novel野性時代 vol.39 (2007 2) (39)出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2007/01メディア: ムック の特集より。 一人の著者につき一冊だけにして、書評などで触れたことのある作品もなるべく避けました。小説のほかに映画、漫画、お笑いも入れました。 (画像が多いのでやや重め) 星の時計のLiddell/内田善美/集英社毒薬の小壜/シャーロット・ア 続きを読む

    SSMGの人の日記 - 桜庭一樹 煩悩の108冊ブックリストmegyumi2007/01/1237 users
  • 罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)posted with amazlet at 09.09.01フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー 光文社 売り上げランキング: 5530 Amazon.co.jp で詳細を見る罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)posted with amazlet at 09.09.01フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー 光文社 売り上げランキング: 77 続きを読む

    2009-09-01 - ぼんやり上手ayakomiyamoto2009/09/026 users
  • 【本の内容に触れています】ときどき、わりと頻繁に、アンヘラ・ビカリオとバヤルド・サン・ロマンのことを思いだす。ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』の終盤で描かれる、彼らが再会する場面は、私がこれまで読んだ物語の中でも、ひときわ印象深く思い起こされるもののひとつだ。→あるとき、ふらりと町に現れたバヤルド・サン・ロマンは、町の娘、アンヘラ・ビカリオに一目惚... 続きを読む

    「さてと」と彼は言った。 - イチニクス遊覧日記ichinics2008/01/236 users

「予告された殺人の記録 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す