スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入5
  • クリック92
  • 言及数71ブログ
  • ブックマーク3users
「スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

4本の中編小説をまとめた「恐怖の四季」の文庫版。本書は秋、冬の2作品を収録。表題作の秋編のプロットをひと言で表現すれば「死体を探しにピクニック気分で2日間の旅に出た4人の少年たちの物語」となる。途中、「誰が見ても」危ない目や「当人にとっては」死にそうな目に遭いながらも旅を続けるうち、普段は見せない弱...

「スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • セーフティーネット・クライシス〜日本の社会保障が危ない〜5月11日(日) NHK総合 21:00〜22:30▽崩壊寸前の社会保障の現状を検証▽財源不足▽企業による福祉や家族の支え合いなどの弱体化▽危機の原因と解決ほか出演 / 出演 金子勝 司会者 町永俊雄▽崩壊寸前の社会保障の現状を検証し、危機の原因と解決に向けた課題を探る。財源不足による公的保障の後退に加え、「企業による福祉... 続きを読む

    セーフティネット・クライシス - シートン俗物記Dr-Seton2008/05/1482 users
  • 漫画, COCO 今日の早川さん 2作者: coco出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2008/05/23メディア: コミック「あんた、『イリアム』や『オリュンポス』を読む以上は、ホメロスの叙事詩もちゃんと読んでいるんだろうな?」 ごめんなさい、ごめんなさい。いま、ちょうど『イリアム』を読んでいるところだけれど、ホメロスは読んでいません。だって、『イリアム』だけで十分分厚いんだもの。イ... 続きを読む

    『今日の早川さん2』を20倍楽しむ方法。 - Something Orangekaien2008/05/2247 users
  • 大友克洋の『童夢』に続いて、もう一冊コミックを取り上げてみる。それは岡崎京子の『リバーズ・エッジ』で、九〇年代の作品であるが、同じ郊外の風景を舞台とし、やはりスティーヴン・キングの影響を見てとれるからだ。さらに付け加えれば、梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収、新潮文庫)の半世紀後の郊外バージョンのようにも読みたい誘惑にかられてしまうのである。 そう... 続きを読む

    混住社会論17 岡崎京子『リバーズ・エッジ』(宝島社、一九九四年) - 出...OdaMitsuo2013/05/063 users

「スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す