武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入16
  • クリック113
  • 言及数151ブログ
  • ブックマーク15users
「武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

東京・九段の靖国神社に立つ「大村益次郎」像の建立に力があったのは、加賀前田家の「猪山成之(しげゆき)」という一介のソロバン侍だった。幕末の天才軍略家と一藩の会計係の間に、どのような接点があったのか。「百姓」から軍略の才一つで新政府の兵部大輔に上りつめた大村と、ソロバン一つで下級武士から150石取りの...

「武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ブックリスト1 知的欲望に満ちた社会人へ 立花隆選生命科学『二重らせん (講談社文庫)』ジェームス・D・ワトソン『細胞の分子生物学』ブルース・アルバーツ 『数値でみる生物学』R・フリント 『パワーズ オブ テン―宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅』P・モリソン 物質科学『ファインマン物理学 (1)』ファインマン 『ファインマン物理学 (2)』 『ファインマン物理学 (3)』 『ファイ... 続きを読む

    ぼくらの頭脳の鍛え方 - 立花隆 佐藤優 - 鬼海眞如: 金融危機来るとも知ら...gnostikoi2010/06/1914 users
  • 先日のエントリで、「新書の粗製乱造」について触れたのですが、「新書好き」として、「こんなに面白い新書もある」ことを紹介したくて思いついた企画。僕がいままでに読んだなかで、「本当に面白かった」新書を10冊、厳選して御紹介します。「悪い例ばかりでは、あまりに不毛なので。読みやすさ、面白さ重視で、「内容に信頼がおけるもの」を選びました。ちなみに、紹介している順番は、... 続きを読む

    「本当に面白い」新書10選 - 琥珀色の戯言fujipon2011/05/107 users
  • 昨年末、家族で映画「武士の家計簿」を観に行った。武士の話しでありながら人が切られるシーンなどが全くなく、血を見るのが嫌いな臆病者としては安心して見ることができた。地味な映画なので、少ないかなと思ったが、平日なのにそれなりの人が入っていた驚いた。ほとんどがお年寄り。あまり平日も休日も関係がないのかもしれない。映画の原作は、磯田道史氏の武士の家計簿 ―「加賀藩御... 続きを読む

    武士の家計簿、絵鯛の行方 - 重箱の隅っこrekisinojyubako2013/09/176 users

「武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮...」が好きな人は、こんな商品も購入しています