われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 499 より
  • 購入2
  • クリック42
  • 言及数51ブログ
  • ブックマーク10users
「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

ニコニコ生放送で100万人が見守った第1回将棋電王戦「米長永世棋聖vs.ボンクラーズ」。その激闘の裏側には何があったのか。羽生善治2冠ほかプロ棋士たちの観戦記付き。

「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 前日本将棋連盟会長で、永世棋聖であった米長邦雄さんの『われ敗れたり』を読みました。この本、めちゃくちゃおもしろいです。「おもしろい」というのは、「勉強になった」とか「米長さんってやっぱりスゴイ!」ではなく(いや、それもあるけど)、文字通り、吹き出すほどおもしろかったという意味で、読んでいて何度も声を出して笑いました。われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語... 続きを読む

    『われ敗れたり』 米長邦雄 - Chikirinの日記Chikirin2013/05/1845 users
  • 故米長邦雄氏の『われ破れたり』 を読んで最も勉強になったのは、将棋の勝負は、盤上の技能だけで決まるわけじゃないとわかったことです。われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る作者: 米長邦雄出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2012/02メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 42回この商品を含むブログ (41件) を見る この本には、将棋ソフトとの対局が決まった時、米長氏がど... 続きを読む

    盤上の勝負 盤外の勝負 - Chikirinの日記Chikirin2013/05/2034 users
  • 今更にして今更の話だが、第2回将棋電王戦は人間側の1勝3敗1引分という結果に終わった。もう散々話題になった後なので勝負自体についてワタシが付け加えることはほぼないのだが、本棋戦においてワタシが最大の成果と思うことが意外に語られてないように思う。それは優れた観戦記をたくさん読むことができたということだ。これは将棋界に詳しくない人には逆に気付きにくい点なのかもしれな... 続きを読む

    あまり語られない第2回将棋電王戦の最大の成果 - YAMDAS現更新履歴yomoyomo2013/05/1728 users

「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」が好きな人は、こんな商品も購入しています