ピアフのためにシャンソンを - 作曲家グランツベルクの生涯